車ナンバー「4649」の意味と人気の理由【希望ナンバー46-49】

車のナンバーにもいろいろなものがありますよね。

わかりやすく覚えやすいものもあれば、
なかなか記憶に残らないというようなナンバーまで、
さまざまなものがあります。

いろいろな車のナンバーがありますが、
やはり人気のあるものとそうでないものがあります。

スポンサーリンク

ここでは、車のナンバーの中でも人気のある
「4649」というものについてお話していきましょう。

「4649」というナンバーには、
どのような意味があるのでしょうか。

また、なぜ人気があるのでしょうか。

まず、「4649」というナンバーを見て、
「よろしく」と読み人は多いでしょう。

というよりも、ほとんどの人がそう読んでしまうのではないでしょうか。

よろしくと文字で書くところをあえて、
数字で表記するという人も多いものです。

「4649」をこの「よろしく」という意味で使っている人も多いのです。
わかりやすいといった理由で人気がある部分もあるでしょう。

覚えやすいですし、1回覚えてしまえば
忘れることはほとんどないでしょう。

スポンサーリンク

また、「4649」というナンバーを使うことによって、
ある種の予防的な意味を持たせることもできます。

というのも、「4649」という数字を見たときに
多くの人は「ちょっとこわい人が乗っているのではないか」と思うのです。

「4649=よろしく」というのは、
怖い人が使う表現という
極端な考えを持っている人もいるでしょう。

しかしながら、
こわい人が乗っていると思わせることによって、
車を守ることができるのです。

実際に、こわい人が乗っていると思ったら
その車には近寄らないようにしますよね。

車というのは、
本当にちょっとした時間放置していただけでも
いたずらされることがあります。

車を大事にしたい人にとっては、本当につらいことです。
しかしながら、ナンバーでそう思わせることによって
車を守ることができるのです。

そういった意味でも、
「4649」というナンバーは人気があるのです。

ナンバーのイメージがあるからこその
作戦であると言ってもいいでしょう。

車のナンバーの目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ